風俗よりセクキャバの方が採用基準が高いって本当?

風俗に比べて、セクキャバの方が採用基準が高いと噂されています。

でも、その真実はきちんと証拠を調べなければなりません。

ここでは、風俗よりもセクキャバの方が採用基準が高いという内容をいくつかピックアップします。

風俗とセクキャバの仕事の違い

風俗とお水の仕事格差

風俗のサービスは、お客様に対して抜きのサービスを行うことになります。

いわゆる射精を行うサービスを扱っているのが風俗店です。

一方、セクキャバはお酒を一緒に飲みながらお客様に寄り添うものです。

こちらは射精をさせないのが特徴です。

セクキャバは股間に対するサービスを行わないのが特徴です。

そこが風俗のサービスとの違いであるということを知っていると、セクキャバと風俗の違いが理解できるはずです。

こうした仕事をするには、誰もが面接を行わなければなりません。

そこで、採用基準が関係するのです。

風俗よりもセクキャバの方が採用基準が高い理由

風俗よりもセクキャバの方が採用基準を高くしている理由は、お客様に提供するサービスが関係しています。

発散させるサービスを提供する風俗であれば、男性を気持ち良くさせることができれば人気が出ます。

でも、セクキャバはそうではありません。

セクキャバはお酒を提供するサービスを行う必要があります。

自分がアルコールを飲めなかったとしても、お客様に気持ち良く過ごしてもらうための気遣いが無ければ、採用してもクレームばかりが多くなってしまいます。

セクキャバでは接客応対の質が問われるので、社会性の評価を行わなければなりません。

お客様にサービスを提供することに失礼を感じさせないような印象が無ければ、どうしても不採用になってしまうのです。

社会性の有無がセクキャバ採用の生命線

コミュニケーションの取り方

セクキャバでお客様に喜んでもらえるのがコミュニケーション能力。

ズバリ、社会性です。

ですから、気立てが良く、話が盛り上がるような雰囲気を持っていると、それだけでも採用に向けて大きなアドバンテージとなります。

スタイルの良さが採用基準というわけではなく、お客様に満足してもらえるような接客ができるかどうかが、キャストとしての生命性なのです。

風俗との採用基準の違いがあることを良く理解したうえで、求人にエントリーするのがおすすめです。

採用基準まとめ

風俗とセクキャバの採用基準に違いがあることを知るだけでも、これからの仕事に対する不安が解消されるかもしれません。

セクキャバが求める理想の女性というのは、ズバリ社会性がきちんと備わっている存在です。

ですから、採用基準がそもそも違うのです。

稼げるセクキャバを探すには

セクキャバのバイトを探すには

セクキャバで働きたい女の子には、スカウト型の高収入求人サイトがおすすめ!
もちろん、登録は無料です。
希望条件にあったお店からオファーメールが届くので、その中から選び放題!
働きたいお店が決まったら、サイト内から返信!個人情報を知られることなく、やり取りできます!
そんな稼げるセクキャバが集まっているサイトはこちら!

Qプリ

早速、登録してみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする