セクキャバの面接なので軽く考えてますが、不採用ってあるんですか?

面接で不採用とされる事が果たしてあるのか無いのかといえば、不採用となる事はあります。
それは、考えてみるとごく当たり前の事です。

面接の必要性

もし、不採用になる事がないというのであればその時には面接は必要ありません
始業前説明会とでも名前を変えていてもよいでしょう。
風俗だから、セクキャバだからという考え方は全くナンセンスと言っても良いでしょう。
面接というものは果たしてなぜ行うのか、その価値は一体どこにあるのかという事をひも解いて考えていく事も大切です。
それは、長い年月の間で受け継がれてきたものの考え方であり更に世界各地でも同じ事が行われているという理由にも繋がっていくものです。

セクキャバで不採用はあり得る

面接の採用基準

先ず、面接というものがなぜ必要なのかを考えてみましょう。
人が全てを正直に正しく申告しておりそれを数値化してまったく間違いのない評価基準に当てはめてものごとを判断して行く事が可能であれば面接というものも必要では無くなるかも知れません。
しかし、それはあまりにも非現実的です。
同じ人をみても、ある人はとても良い感じのする人と言うかもしれませんが別の人はどう感じるかは分かりません。
もし、100人が全てその人に対して全く同じ感情を持ったという事はあり終えません。
果たしてそれはなぜ起こるのでしょうか。
それは、人と人の関わりというものはそう簡単に比べる事ができないもので有るからです。人が人を見て、どのような人物であるのかを判断して行く。
その過程のなかで面接が必要とされているのです。

採用基準が満たしていなくても採用はある

風俗の面接は重要

特に風俗においてはこの面接で採用の全てを決めている場合が大半です。
それは、風俗という職種が本来の意味である対お客さんとの人間関係を大切にしないと成り立って行かないからです。
それが必要でなければ、風俗嬢ではなくダッチワイフを並べておくだけでも風俗産業は成り立って行く事になります。
しかし、そのようなものではお客さんは喜びません。
キャストとお客さんは人間関係でお互いを認め合っているから成り立っているのです。
ですから、セクキャバも面接をもっとも重要視します。
お客さんに対してもそうですし、同じキャスト同士の関係も考えて上で面接の結果を決めているのです。
もし、不採用になったらその理由を自分なりに考えてみましょう。
きっと何か至らない点が有る筈です。
そこを直さないと、どんな仕事の場合であっても面接で不採用になる状態が続く事になるでしょう。
時には不採用とする事がお店としての親切である事だってあるのです。

稼げるセクキャバを探すには

セクキャバのバイトを探すには

セクキャバで働きたい女の子には、スカウト型の高収入求人サイトがおすすめ!
もちろん、登録は無料です。
希望条件にあったお店からオファーメールが届くので、その中から選び放題!
働きたいお店が決まったら、サイト内から返信!個人情報を知られることなく、やり取りできます!
そんな稼げるセクキャバが集まっているサイトはこちら!

Qプリ

早速、登録してみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする