セクキャバの面接時に店長からセクハラ受けたりしませんか?

セクキャバは、キャバクラと性風俗店の中間に位置するお店です。
キャバクラのようにお酒を提供するサービスに加え、女の子は体を触られます。
初めてセクキャバで働こうと思っている女性は、面接の際に店長や採用スタッフから講習として実際に触ってきたり、服を脱がされたりするのではないかと不安になってしまいます。
採用してもらうためには仕方ないと考えてしまうかもしれませんが、実際はそのようなセクハラは滅多にありません。

Qプリなら稼げるセクキャバからオファーメールを受け取れる♪

セクハラの捉え方

心
セクキャバの面接をするときは体のことも質問されます。
バストや体のラインを確認するために、下着姿やトップレスになってもらうこともあります。
それは、体に入れ墨や妊娠線がないか、おなかがでていないかなどを確認するためです。
趣味趣向でされていることではありません。
しかも、いざ入店したらお客さんの前ではもちろん、ボーイや店長におっぱいをみられることはあたりまえです。
それをセクハラと感じてしまう女性は、お触りや服を脱ぐサービスがないキャバクラをおすすめします。

ボディタッチや全裸にさせるようなことはありませんが、スタイルのことや容姿のことは遠慮なく聞かれるので、覚悟して面接に臨んだほうがよいでしょう。

セクハラ講習とは

実演講習
ソープやデリヘルには実演を兼ねた講習があります。
その際にセクハラをされてしまうケースがあります。
店長や採用スタッフの性欲を満たすために行われている悪い風習です。
現在ではインターネットの普及により、口コミなどですぐにうわさが広がりますので、その風習も消えつつあります。

セクキャバでは特に必要な技術はないので、講習はほとんどありません。
しかし、業務内容に関係がない質問で、初体験をきかれたり、性感帯をきかれたりして自分が不快に思ったら、それはセクハラです。
万が一、店長や採用スタッフから性行為などを強要されたら、流されずにきっぱりと断りましょう。

マナー講習はあります

点
初めてセクキャバで働くうえで、仕事内容に関する講習や説明がないとそれはそれで不安になってしまいます。
ですが、多くの店舗では教材や先輩キャストからのレクチャーがあるので安心してください。
テーブルマナーやお店のルール、サービスの方法を口頭で説明してもらえます。
指名をもらえる極意や、接客の心得なども教えてくれるかもしれません。

このように面接時のセクハラはないに等しいですが、不快に思うことがあればそのお店に採用されても入店しないようにしてください。
性的な嫌がらせをするお店はごく一部で今でも存在しますので、特に未経験の女の子は気をつけましょう。

稼げるセクキャバを探すには

セクキャバのバイトを探すには

セクキャバで働きたい女の子には、スカウト型の高収入求人サイトがおすすめ!
もちろん、登録は無料です。
希望条件にあったお店からオファーメールが届くので、その中から選び放題!
働きたいお店が決まったら、サイト内から返信!個人情報を知られることなく、やり取りできます!
そんな稼げるセクキャバが集まっているサイトはこちら!

Qプリ

早速、登録してみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする