学生の場合でも、セクキャバの給料に対する税金は払わなきゃダメ?

学生でもセクキャバで働けます。現役の大学生や専門学校生でセクキャバで働いている女の子は特に珍しくありません
学生という立場で働いているとしても、税金を支払わなければならないのでしょうか。

Qプリなら稼げるセクキャバからオファーメールを受け取れる♪

税金は義務です

学生ではあっても、残念ながら税金は支払わなければなりません。
親の扶養に入っているのであれば103万円以内に抑えないと親の税金が高くなります。
学生だから何かしらの控除があるのではと思うかもしれませんが、学生だからといって税制上の控除は残念ながらありません。
扶養に入っていても、税金は支払わなければならないのですが、ではどのように税金を支払うのかという問題もあります。
どこでどのように支払うのか。よく分からない人も多いかと思いますが、お店次第になります。
お店からどのような形でお給料をもらっているのかによって、税金との付き合い方も変わってきます。

源泉徴収されている場合

お店からもらうお金が源泉徴収されている場合、いわばお店側が払ってくれているようなものですので、「支払わなくて良い」ではなく、厳密に言えば「既に支払っている」になります。
源泉徴収を引かれた上で103万円の扶養枠に収めていれば、年度末に確定申告を行えば大抵はお金が戻ってきます。
確定申告の際には、お店からの源泉徴収票が必要になりますが、これさえあれば源泉徴収されたお金がある程度戻ってきます。
ですが、源泉徴収されていない場合、税金を支払っていない事になります。
年度末の確定申告の際、103万円を超えていたら追加で税金を支払わなければらないのですが、こちらも103万円の扶養枠内であれば追加で支払うケースはほとんどないでしょう。

稼ぎ過ぎた場合

自分で税金を支払うパターンとしては、お店が源泉徴収をしておらず、更には扶養を越える額を稼ぐか、あるいはそもそも扶養に入っていないか。
このようなケースが考えられます。扶養に入っていない場合には、稼いだお金には学生であれ誰であれ税金が課せられますので支払わなければなりません。
扶養枠は103万円ですが、この額を超えると税額が高くなりますので、親の税金が高くなります。
学生か否かというよりも、扶養に入っているのかどうか。こちらの方が大切です。
扶養に入っているのかによって、自分自身だけではなく、親の税金も変わってくるのです。
少々計算が面倒に感じるという人もいるかもしれませんが、納税は国民の義務なので、しっかり払いましょう。

稼げるセクキャバを探すには

セクキャバのバイトを探すには

セクキャバで働きたい女の子には、スカウト型の高収入求人サイトがおすすめ!
もちろん、登録は無料です。
希望条件にあったお店からオファーメールが届くので、その中から選び放題!
働きたいお店が決まったら、サイト内から返信!個人情報を知られることなく、やり取りできます!
そんな稼げるセクキャバが集まっているサイトはこちら!

Qプリ

早速、登録してみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする